トップ / 医師の不正請求に関して

医師の不正請求に関して

医師の不正請求とは

医師の不正請求について

医師の不正請求のことは、たまにニュースに出ます。ここで問題なのは、医療行為のことに対する知識が患者にはほとんどないため、金額も処置内容も医療行為も全て受け身で疑いもしないことでしょう。病院と聞いた時に、間違ったことなど言わないだろうという、その思い込みはとても怖いことです。不必要な医療費の増大によって、患者の自己負担が増えてしまうことがあるのです。その問題は、日本のチェック体制がアナログで、制度設計に明らかな欠陥があると、言及する人もいます。その解決のために、医療報酬の管理を電子システムに移行していくことが望まれます。一つ忘れてはならないのは、医師も不正をしいているのではなく、どの病気かを判断するために、検査を複数した場合に後から必要なかった分の費用が返ってくるということもあるのです。その場合は、翌月など、時差もあるのですぐとは思わない方がいいでしょう。それは、カルテのチェックで分かります。

不正請求についての対処

医師が診察をした場合、必要のない検査を行う時もあります。病気の内容にもよりますが、疑わしい場合、本来ならしなくてもいい検査をする時があります。会計の場で、一回その検査にかかった費用などを支払うことになりますが、後からチェックをしていて、不正請求だとなった場合、その後で返済されることになります。医師が自ら不正請求をしているわけではなく、あくまでも病気の判断がしにくいために、した検査であとから必要がなかったという判断が下された場合、その際に支払った費用の一部が戻ってくることになるからです。なので、率先して不正請求を行うわけではなく、あくまでも、診察の一部として、疑わしい場合に検査をしており、それが後から必要なかったという判断が下されることもあるということです。そういった検査の場合レセプト請求と呼ばれるカルテをチェックする作業で分かることになるので、検査をした翌月に返済される場合があります。その時は必要だと判断して行っている検査なので、不正に請求をしているわけではありません。

↑PAGE TOP