トップ / 学会は医師の情報交換の場

学会は医師の情報交換の場

医師の学会参加の意味

医師の学会の必要性について

医師の学会は、地区ごとの小規模なものから、全国単位のもの、国際的なものまで幅広くあります。循環器、消化器、呼吸器など、さらに内科、外科にも分かれていてそれぞれの科で症例研究をまとめたものを発表し、今後の治療方針の参考にします。様々な治療法がありますがまだはっきりとした治療方がない病気や、治療法があるもののその方の持病や年齢など様々な要因で効果もかわってきます。このような情報交換の場があることでさらなる医療の発展が期待されています。

医師が集まる学会とは

医師が集まる学会というのは、どんなことをするのかあまり知られていないことですが、基本的には、研究の発表をしたり、相互学習をする場なのです。規模の大きいものは、日本中あるいは世界中の施設で研究された最新の研究内容をパネルディスカッション等で発表し、参加者が研究内容について質疑応答していく形になっています。メリットとしては、研究内容を発表することで、自分の存在をアピールすることができて、多くの人の意見を聴くことができるというとても貴重な機会なのです。

↑PAGE TOP