トップ / 医師の宣告に対する考え

医師の宣告に対する考え

医師の宣告について

医師が病気の宣告をするときは

通常の病気の診断ではなく、重篤な病の場合は患者本人および、家族から求められるのが余命宣告です。ときとして本人には知らせず家族にだけの場合もありますが、医師はそれまでの前例で答えていますので、あくまでも予測です。常に前向きで治療方法を考えますので、実際には伸びることや完治することもあります。患者の年齢や体力、部位など様々なケースがありますので、医師であっても病気や余命宣告をすることは大変難しいことです。

余命宣告を医師から告げられたら

病気で病院にかかっているときに、医師から余命宣告を告げられたならどうすればいいでしょうか?まずは、冷静になることです。気持ちを落ち着かせましょう。そして、自分にできる限りのことを精いっぱい行うことです。例えば、言われた通りに薬をきちんと服用して治療にまえむきに取り組みましょう。さらに食事制限や生活スタイルも見直しましょう。このように自分にできることを行うなら医師から受けた余命宣告よりも長く生きられる場合があります。

↑PAGE TOP