トップ / 医師不足の打開策に関して

医師不足の打開策に関して

医師不足の打開策とは

条件通りの働き方が出来る非常勤医師

医療現場では元々の人手不足に拍車をかけるように研修医に関する新制度により、医局に捉われずに自由に勤務先を選べる事から医療機関も常勤医では足りないので人手確保の為に非常勤医師を雇わざるを得ない状況が発生しています。この為、多くの医療機関で非常勤の医師が多くなる中、あえて常勤を辞めて非常勤として働く人もいます。体力面や勤務時間帯に自分の都合で合せて働ける環境は子育てと仕事を両立したい人や体力面できつい等、常勤で働けない人が多く活躍しています。もちろん、医師である以上は命を預かる重大な責務を負っているので仕事に対する責任の面では常勤の人と変わりはありませんし、医療現場での成り行きでイレギュラーな事態では条件通りの勤務にいかない事もあり、場合によっては契約の時間帯以上で残業して働く人もいます。職場を転々とする場合には社会保険の加入条件にも満たない事があり、自由を伴うと同時に職の不安定さもある為、通常のサラリーマンと同様に老後の保障は個人で対応しなければなりません。

医師不足の打開策について

遠隔医療というのは対面による診療や治療ではなく、インターネットなど通信設備を使用して患者の診療を行うものを指します。離島やへき地をはじめ、交通の便が悪く病院へ行けない場合や怪我などで通院できない場合など、医師不足が深刻な現代において、非常に期待されています。長年、日本では患者の診察は対面で行わなければならないという法律がありました。しかし山積みの課題の前に、段階を踏み法改正がされてきています。急速に進む超高齢化や、地方の過疎化のほか医療現場全体の人材不足は対策が追いついていないのが実情です。現在では当初より緩和され、安定期にある患者の一部で医師による遠隔医療が可能になっています。地域によってはこのシステムを要望する声も多く聞かれ、さらなる規制の緩和が必要だといえそうです。具体的にはテレビ会議の装置を用いたリアルタイムの診察や、患者のX線写真や生体信号のデータをコンピュータでやりとりする診療もあり、この場合にはリアルタイム以外でも可能になります。

↑PAGE TOP