トップ / 医師に不可欠な精神の強さ

医師に不可欠な精神の強さ

医師選びは性格が大事

医師に向いている性格

医師に向いている性格ですが、患者さんに信頼される必要がありますから、人として「誠実」であることが大切です。患者さんの不安な気持ちを解消するために話を聞いてあげたり、弱気になる人を励ましたりする必要があります。手術を行ったり、人の死に直面する仕事なので、精神的に強い人でなければ続けることはできないでしょう。がんなど完全に治すことのできない病気があることから、治療法を追究する粘り強さなども必要になります。

主治医の医師を性格で選ぶ

病院に行く機会の多い方はたくさんの医師に出会いますが、先生も人間なので性格もさまざまですし、千差万別だという事にきがつきます。お医者さんという事でプライドの高い方もいますし、専門科目に秀でており、頭は良いのですが、一般常識がないという困った先生もいます。主治医となる先生の腕も確かに必要なのですが、疑問に思ったり、迷ったら先生のキャラクターで選んでみるというのもありではないでしょうか。人を見下した態度を取る先生より、明るくて優しい先生の方が治療するにあたって積極的になれるという方もいます。

↑PAGE TOP